石鹸アレルギーと検査・ザイザルで痒みを抑える

石鹸アレルギーは、接触性皮膚炎の一種です。ただし、主婦が石鹸を使い続けて手が荒れてくるような主婦湿疹は、洗濯石鹸などに含まれているアルカリと反応して起こることもあります。
アルカリは肌への刺激が強いので、たとえアレルギー体質ではなくても炎症が起こる可能性はあります。
石鹸アレルギーが起こるのは、石鹸が水の表面張力を下げて肌の奥に浸透するからです。石鹸に添加物が含まれている場合には、その中の成分に反応してアレルギーが起こる危険性もあります。
アレルギーが起こるのは、抗原(アレルゲン)を排除しようとして体内の抗体が過剰に反応するからです。炎症が起こるのは、抗体と抗原が闘いを引き起こした戦場跡のようなものです。
人によって症状の出方は異なるので、石鹸アレルギーが疑われたらまずは医療機関で検査を受けてみると安心です。ただ、接触性皮膚炎の原因物質を検査で突き止めるのは非常に難しいと言われています。原因物質は数え切れないほどあるからです。
検査では、湿疹などの症状があらわれている部位と形態から、アレルゲンが何であるかを推測していきます。
湿疹のような症状は赤みが出て腫れたり、痒みが出ます。厄介なのは痒みで、かくとさらに痒くなってしまうため、症状が悪化して水泡、びらん(ただれ)ができてしまうこともあります。
痒みを緩和するのには、ザイザルが有効です。ザイザルは抗ヒスタミン薬の一種で、眠くなりにくいように作られているので、仕事や勉強にも影響が出にくいです。
痒みをザイザルで緩和してあげられれば、かきむしってしまうことを防げるので、症状が改善していく可能性があります。また、痒みによって眠れないなどの辛さを緩和することも出来ます。