遅延型アレルギーの化粧品かぶれにザイザルは有効?

遅延型アレルギーはIV型アレルギーとも呼ばれているもので、細胞の中のTリンパ球が原因で起こります。これに対して即時性(I型)アレルギーがありますが、これはアトピーなどが代表的です。
即時型はIgE抗体(免疫グロブリンの一種)が原因で起こりますが、遅延型はTリンパ球が起こす症状であり、アレルゲンを取り込んでから数日経ってから症状があらわれるのが特徴です。
遅延型で代表的なのは、化粧品かぶれです。また、金属、ゴム、洗剤などに反応して起こることもあります。治療薬でかぶれが起こるケースもあるので、症状を抑えるのが難しいです。
遅延型アレルギーが起こるメカニズムは、抗原(アレルゲン)が体内に入り、マクロファージが抗原を取り込み、マクロファージがTリンパ球を刺激して、刺激されたTリンパ球がリンフォカインを分泌して炎症を引き起こすことで起こります。
化粧品かぶれのような遅延型の症状に対しては、ザイザルはあまり意味がありません。ザイザルは抗ヒスタミン薬なので、Tリンパ球が関与している遅延型に対しては効力が低いからです。
化粧品でかぶれてしまった場合には、炎症を抑えるステロイド剤が配合されているものを使うと良いでしょう。
即時型の症状に対しては、ヒスタミン受容体をブロックしてヒスタミンによるアレルギー症状を抑える、ザイザルが有効です。
アレルギー症状があらわれた場合には、自己判断で対処してしまうと危険な場合もあるので、必ず皮膚科などを受信しましょう。そこでパッチテストや血液検査などを受けてアレルゲンを特定しておけば安心です。
今までアレルギーがなかった人でも、大人になって起こるケースもあるので、油断せずに対処しましょう。